トップ > 舞楽鈴・額皿 > 額皿(胡蝶)

額皿(胡蝶)

胡蝶舞は宇多上皇が童相撲を御覧の際、山城守藤原忠房が曲を作り、
舞は敦実親王の御作りになったものです。
四人の乙女が赤の単(ひとえ)を着け萌黄の袍を着て
袴と袍には美麗な瓜(か)と蝶の繍紋がある。
背には極彩色の大きな蝶の翼を負い、頭には山吹の花をさした王冠をいただき、
手に山吹の小枝を持って舞う姿は、胡蝶が花園で遊ぶ風情があります。
商品コード : 4226
価格 : 3,000円(税込)
数量
 

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
直径23cm
※プラスチック製スタンド付き
旧仕様品は裏面に壁掛用フックがございましたが、
現行の商品にはついておりません。
予めご了承ください。

ページのトップへ

神宮会館

〒516-0025 三重県伊勢市宇治中之切町152
Copyright (C) 神宮会館 公式通販 all rights reserved.